トップページ | 2014年4月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

花は咲いて

夜が更けて、風が止んで、木が動かない、星がまばたきをして、私の心から週辺に従って少しずつ静寂。
禁されて圏水、日が長くなって、湖、色ももっと深くて、そして、人々のと呼ばれる死水。
心はずっと波瀾は驚かしませは速くて、二度とないようにコントロールを受けないようなマラソンの後、乱雑に生れ落ち堪えられないのか、も、前に加えて死字 ageLOC Me
一体はずっとあなたを待って、それとも歩きたくない、その年の運勢は世の変転さえもわからない。
日々の繰り返し以前の生活が少ないだけ、あなたの影を生み出し、事細かなそんなに少し孤単。
すべての人の成長の過程の中ですべてそんなに寂しい一段時間、最も愛する人がそばにいなくて、自分で一人でゆっくりと1分1秒の人情の長い夜があった。
人の最ももろくて弱いのは病気の時ではなく、すべての眠れない夜、寂しい静かな夜の寒さを伴って少しに骨髄が、なかなか見つからない一つ発散口、そしてみすみす見て自分は、徐々にに飲み込まれて、まるで意識の状状態は完全に覚醒している自分が一歩一歩のプッシュ深海で、楽しんで凌遅刑の下男磨。
衝杯のインスタントコーヒー、香ばしいアルコールの甘い味は入り口で後化を苦くてglass teapot infuser、味蕾と闘って、明らかに非常に苦いものは喜んでそれを自分の胃に入れた。
生活の中で気に入らないことより、この苦い本当に何でもない。
傷口から血が炎症を起こして最後までかさぶたは一歩一歩がやってきた。
振り返ってみると、傷あと以外、何も殘っていない。
殘ったのは、成長のために、消えてなくなったのは、覚えるために。
は確かに耐えがたい痛みの形容、やっとはっきり記入骨髄が惜しまない忘れたくないの、もし同じ事を2回ツォナ説明するしかない痛みの徹底して本当に当初。
小さい時の夢は王女希望泣くにも宝石の涙は流れて、今、多くの人が考えたのは宝石は傷の目。
自分の生活を変えて、感情があって、更に多くのは自分の。草石の下から露が出るので、それは本当に頑張りました。
変えたくない、意地っ張りで、百は滑り。
歩くたびに、砂浜でも思わず腰をかがめて拾っていくつかの小石ほど、円滑なが好き、海の咆哮声の中で、これらの小石のひたすら忍耐が入っていたかどうか。
大人になりたくないは永遠に不変の夢、泣き虫で、よく笑韓國人蔘って、愛する騒ぐ、愛に跳んで、最も好まない静かで、最も愛さないつまらない。
今見てひどいいたずらな子が自主のしわは眉を顰める。
かどうかを忘れて、かつての自分もそう。
過去を否定し、不安定な未来の自分、朝三暮四。
吐いて、難解な生物で、気まぐれな自分。
歌の中の自分は永遠に歌う歌を歌って、室内には永遠に合わない場合は、またつじつまが合わない。
戦火がないのに、てんやわんやの大騒ぎになり、経典扇情的、生活がなくて、夢が勢力を放棄され、ルールは、永遠に回復できない。
この歪な社会は、この冬のラン、このずれたを追いかけ、この狗血劇。
デンマークアンデルセンの殘り人魚日々の海を眺めるの銅像。
静かなこの夜に、無言の心、ついには月下美人のように、花の一瞬、しおれ一夜。

Neo skin lab 介紹人 /p>

トップページ | 2014年4月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ