« 2014年1月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年4月

2014年4月22日 (火)

woven patches親愛なる

親愛なる、あなたはもう傷の痛みからゆっくりと成長をマスターして、問題について、成熟した時、理性がちょっとしてしまって、これは私をとても感動。あなたは昨日行って、明日まだ。あなた迷途知返たい、過去はいない、人は歩くのが遠い。成否を見ても重母乳 研究   すぎて、かつて努力しさえすればいい。にならないように自分が重厚な旅行用の袋を背負って、私達はまだ生きている喜び。

 

親愛なる、あなたは愛妄想、感傷的な精霊馬。

| lafite rothschild

 

 

悲秋時節、少ない1部の純粋な、一分の哀愁、你説:時間は泥棒のような非情な箸手、散々に盗まれた私は夢の中で静かに過ごして私を伴って眠り、明けない夜の赤いリンゴ。

 

あなたの無邪気な執着、愛するのは一人でも昙りでも雨の日も恐れず、他人が馬鹿で、あなたに笑って笑って君に。あなたは私に聞きます:一年四季は全世界は夏になって、二つの昼間。もし本当に、私は本当にとても銃剣でかつてない彫刻あれらのゼロの時、筆をスケッチして過去に色褪せない美しい。

 

私の最も親愛なる自分、初恋の良い時間に歩いたことがあって、幼稚で、期待を持って、入った大学の殿堂。

 

一人でキャンパスの木陰の小道、花、三角梅正咲く、私は笑えない面が花のように。夕方の無名の光に照らして、私が暗い顔;夕日が西に瀋む、視線がぼやけて、果てしない物寂しい;ひっきりなしに叫びを見たいか、朝の光は夜が明けて、夕日の夕日の中で破滅、もっと強く再洒脱のにぜいたくを換えてきたのも、ただ堪振り返るのがない。全身の疲れきって、しょっぱく濡れた衣の汗が、我慢傷誇らしい強情が最後まで、唯美の夕顔は夜の中で静かに待つ孤芳。

 

大学での生活は私は感じて、少し疲れた、ちょっと失望し、ちょっと彷徨。

 

知らないのは朝の第幾筋の日光、ベランダの窓を通して、こっそり空っぽの部屋に侵入し、殘りの自分、慌てて目が覚めて、狼狽して教室へと姿を、私はしたくないといういらだっている生活。

 

愛は幻想の私は、锦瑟年回りに書いて他人の物語。

 

夢の中で、私は私の幸福百转千回追いかけて。零れ落ちる小雨、透湿性発隙間流れ;逆らう舟丸木橋を渡る風で花びらが落ちて、崖水中を染めて、誰の毛先に、沒落して誰の天涯?心が疲れて、誰がタッチ私の疲れの魂、誰の欄干に寄りかかって、まって誰のホーム?桐月、揺れる街燈、夜は暗くて、見えないのは誰の影;ターン以降、幸せは離れて、やみ夜の中に漂う;花葉を、静かに涙は声を。

 

空に目が覚めて、私に教えて最も親愛なる自分:ある時、思い切り振り返らず歩いなければならない愛情∥悲しみ;繁華幕が下りて、日は靑い、傷は深いが色褪せても。

 

私の最も親愛なる自分:人生は本は悲劇上演夜来大き幕場、夢を貫いて涙流魂若死。一管笛、管蕭;琴師長、一曲寂しさ笙歌;譜。一红拂、一心に守紅塵、守城、などの一人、曲は若死に、凱歌嚠喨澎湃、訴えるの悲劇。

 

緻最も親愛なる自分で悲しみを持ってあなたの楽しいないよう、歳月持っていってあなたの光り輝く非情花の笑顔。人の一生、例えば浮き草ロックで、私たちは永遠の幸せを切って、恋しい思い、抵抗できない宿命です;しかし私たちは交換することができるのは1種の方式で生活して、別の恋人、取り替えて新たなスタートに続く新たな物語、行かない他人が感感動しない限り、自分の涙がいい替え今生エンディング。

 

私の最も親愛なる自分一人の時、時間を忘れてしまいましたが、涙をこらえて、泣いて、愛を裏切った悲しみ我慢し、めそめそ;別れた若い、逃した出会い、昔も、私。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年11月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ