« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月23日 (火)

蝶衣芝居だったと

レスリー変装した蝶衣です。しかし、私は聞いていない蝶衣不识国だ。?
当初のことを思い出した。お芝居の李碧华の原作「覇王別姫」があって、またを訪ねてきた映画を見れば、最后に行かずに出てきたが、満脳が揺れているその时代の影を見たnu skin 如新。であれ李碧华で陳凱歌なのか、それとも、芝居のオープニングはすべて鐘や太鼓堪能で、拍手で沸きました。最善を尽くしてくれた人だけを残して幕を下ろした後、曲を/空留に無数の繁华街に刹那を灰にしなければならない。
これらのシーンでいつまでもがある感じているという錯覚を覚え時間は目の前がゆれ、庸庸无精にしてたのに残らない。それは一种のアヘンのようにまた真剣には、最も豊かな美しさを持って最も深い憂鬱です。まるで道蝶衣すらり足腰返し、ひとりひとりが鍵を満戯袍の箱をふりかえると、一间间大男で、がらんとした部屋は大きく変わっていないその四人の舞台となった。
ざるを得ない。彼等から脱出した芝居小屋を道蝶衣が外に出られない虞姬だった。
蝶衣バース党があって、また或いは小さい豆は小石で、彼らの運命を決めるのはできないと言って、最后は谁の悲しさも、谁のべからず。小さな豆、ちょうど進村芝居では六指で殴られた彼の一生刀を规定され、定められた。耐えられなかった村芝居の残酷な訓練で、逃げてきた。运命は本当に脱出できるもできない、生憎させてから、泣いたあの舞台の上の色まで、误った鮎子は彼の瞳の中だ。彼の決定で戻ってきた。
想像もできない一つの子供っぽいの心に見舞われてこそ、なければなら多少思い切った自分は弱いの襟首を優しくは任せに白い绫。おてんの仲間节啊首をつっbvi offshore companyて死んで、村芝居続けなければならない。少年たちは興奮した声は寥巾た寒水上難しい通ってである「力は山气盖世、时に梧楸骓、骓を奈何虞や虞や奈何せん?」
1回の「私はもともとは男のひと」、ところが、间违った。口元に小さな豆が血を谣い出す「私は元来女嬌娥中」の時も、一切の闇が运命だ。て捨てた性別の小さな豆を二度と帰れないのだし、誤りの一生の台で人を見失ったものが里のシーンを除いては、この世界を失ってしまうのだ。
小さな豆を歌って、歌って虞姬火れて、蝶衣。そのじれったいような戦慄をひらひらと振り子の修理している、転の目つきには谁であろうと、みんなになった蝶衣の优しさに中だ。
「疯魔场」をせずに、バース党がそう言う蝶衣。歩いたことがあって苦しくとも、風光が歩いたことがあって、混乱に歩いたことがあって、突拍子もないかも知れないというので、辛酸を悲しませて、蝶のか、小さな豆は変わっていません。……その一贯して言うことも執着の心をだけにこだわっているだけにこだわっているシーンで、彼の先輩だ。毎回の騒ぎで、蝶衣にとっても、それだけで芝居だった。その时代に亡くなりました、母音盛世来;民国以前、共産党の発足した;日本人が来ました、文化大革命が騒ぎました。これらは、いずれも幕をできるだけなのだが、いずれにしてもの群れは、蝶衣が依然としてしとった彼の自分のシーンがあった。舞台の上で、彼はライバルがなく、怜で演じている自分の愛の物語だ。彼に恋をしていたかもしれないと彼の相手の男があって、また彼が愛した自分だけかもしれない。绝代风华にとしても、彼の揺すぶるの中で咲いている;まばゆいの光り辉くこと、すべての後ろに呼ぶ屈託しなければならない。彼はすでに成おぼこ妖の惑人間の魔だ。
批斗時には、すべての人はすべてそんなに滑稽でて、首に太い部屋は顔を書き直す三枚目。蝶衣、相変らず浓墨重彩だけが、美を许します。
でも、あの音ハスキーな連繋:「あなた达はだまされた考えだ」と述べた。蝶衣せは心底から絶望静寂に荒んで、氷のように冷たいです。一つで、そんな永劫の年月、彼はただ1つの身を委ねている人形,を覆った自分の颜を厚く颜は、生死を引くカミーユすい戏词春秋の中で過ごす。たとえ舞台下の観客を交换して大きな焚き火だったが、いくら拍手の潮がどうで、彼の内心でのすべての哀歓を无邪気では誰もいないだろうという観測が出ていると本物のよく知っている。
道蝶衣の耳をつんざくような悪たれ:「私によって摘発され姹紫嫣红によれば、私は摘発!」
は、すべての人はだまされた彼だ。それがとても痛かった彼は、恐れられている彼が凍りつくの母ちゃんが彼をそっちのけで村芝居で固辞離れが再び見なかった;腸のステージにぼっ発した時の光り辉く光り辉いても嘘であっても、それは幻想は蝶衣の苦労します;と一绪に乗り切っ、同氏が重情重義た兄弟子小石したにもかかわらず、彼の代わりに、させてはいけないし、一つの娼婦;を拾ったの飢餓- 11、身近な持ってこなかった。数年と思ったら、身は変わりましだ顔でかむ。えん四爷枚舅で、日本鬼子头……あれらの人さんにしろ、彼と有怨につけ、いっさいは彼を一つ一つ泣いて最后の脚光を浴びる。蝶衣を知らない、できることは信じて、孤独の影を徘徊して、この世の中、凄みのある那儿突きささったごとに1つは悲しそうに彼を見た人だった。
彼はとうとうが目を覚まし、も登って行く舞台の端を吸お生命の果てにあります。
実は、彼らも人のシーンをわきまえない人だと発表したCardboard Standee。頭が一生にしがみついて、村芝居だった。例えば袁世卿がそばの铳杀引っ張られて出かけ時以後、かかとを地面にはあいかわらず歩いて台步です。たとえば、蝶依に、「私も告発すると、私に摘発され姹紫嫣红によれば、私は告発すると……」一句は最初から「牡丹」中の台だった。更にたとえば蝶依禁煙の際、レンズや蝶依間の水槽に水槽のなかの鱼は本当に、屏風の鱼は伪りで、または、假假真真だった。じゃ、土曜日に汚されシーンは痛んだ。いわゆる「不疯魔)ではありません」というのは、このように一杯の破壊されました。
を見尽くし世の中のビエンチャン、いたましげをこのように悲しみを経て,それは蝶衣の最後の芝居だった。

2014年12月 8日 (月)

孤灯ひとつ君

夜更けの微醺ペラーズのストーリーは、眠りは昨夜の歌声に浸っている。あなたからでなければ過去があっても、私は思い出した。私たちがそれぞれの方向に向かって栖むすべての、あなたはあいかわらずたおやか丽であるため、私はやはりそので静かな自分。

 

たとえあなたは今、私の前で、私の目の中に映し出すあなたの瞳の中に入っていたようだった」とし「バスケット有望株になっている。でも、私にもそこにある。しかし私达は、もはや、昔。たとえあなたがすでにを相手どって起こした過ぎ去ってしまった。

 

同年6月、私たちを奪われてしまう。それぞれ、红尘漂った。流浪、时间の长い川を探して、心の中のあのヵ所。あなたは天国で、私も行きを見つけられなかったようだった。で溢れかえった人々の間を通ってたまにすれちがう見慣れた背を見送って、私も考えてあなたです。だった。しかしそれは過ぎ去ってしまった。人出はに背を向けて、あなた、私の视线人海没入されて見知らぬ人占有しなければならない。

 

同年6月、私たちは言いつづけた。以後、やだと思っても、その後の話ではなく、のちには乗り出さない、いわゆるに過ぎないのではという声まで出ている。それから後のも、最後の側に立っていた。

 

あなたがあなたのを买ったな酒、小屋の裏の土に埋もれだものの、别れて、私たちもしなかった。一度お誘い月三人だった。泥のなかに埋められていたその、寂しくないですか?するのではないかとそうだが。咎めないだろう?

 

私はこのようにして、人海、ゆっくりとの歩いた水解蛋白。たまに恨み言を後から来た人といえばあの顷の君年少ますの物语である。私たちが通った道はすでに荒れ地がたくさんあります、通りかかっ我々が分離していたに違いない。あの分かれ目た。それなのに今で数件の别の地方への石畳の道だった。

 

もしあなたがまだ帰ってきて、帰って来るのを見てこの道をしたことを受けて、あの時私たちを祝福して相手を抱いていたたちにあいさつをして摘発された時に温かさかどうかについても知っていた。もしあなたがまだ帰ってきて、帰って来るの分岐点路にからだ。そして后のあなたを闻くことができるかどうかは昔子供の游び声だった。もしあなたがまだ戻ってきて、帰ってきてこの道を歩き続けることができるかどうかはまだ覚えているかどうかわからない道の彼方に峠。2つほどの時間は得体の知れない野花で風に春が开いた華やかだ。

 

もしあなたは帰って来ないで、もしあなたは帰ってきます。私に手紙を書いてください、僕に書き残して最近(さいきん)気持ちになったのか、僕に書き残してあなたは読んでいた本、僕に書き残してあなたは懐かしい、懐かしさ漬ける月光の私があるのだ。

 

あなたの物语があって、私は言ってきた。江南(カンナム)の雨が依然として取って、遠くの方でも海上高波が続いた。

 

しかし、私たちは分離して母乳餵哺、たとえ私はこの夜、孤灯ひとつ君。

 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ