« 性格の様子 | トップページ | 永遠に埋蔵 »

2015年2月11日 (水)

私は怎敢食言

あれは笑ってと深く烙印入て私の心、それは三月の梨花、初めの春水融。私は思わずは一瞬だけ呆然としてしまった、この状、改めてはすでに1世。 一世の待って、1世の清涼、それだけの侧では無縁であなたに会う。幾千の気持ち、寄意に紅葉を体現するしかない、日に願い、来世があるように、私はもう君に会えてDr Reborn、たとえは一面。 都市の的、道路の交通の往来の盛んな、これらはにぎやかで、これらの騒ぎ立てて、これらの人々は忙しい人生と、都市が開催する人も、薄めた思い出。しかし一部のものはできない心の底に秘め、希釈され、深夜の寂しい時、また波のように来襲。 日は雨が降り出し、窓越しに、この世界はそんなに多彩で、洗浄の町に映るこの町のネオンの光と影を、とあれらの心への思い出。封印した心ではなく、何年経っても、ずっと一人をしのんで、それは前世の願い、私を忘れないで、あなたとの約束を、私は怎敢食言Dr Reborn。 全身うすい黄色のスカート、柔弱の姿が、私はまたあなたを見ていた。あなたのような大嫌いこの春雨淋漓、眉ている烏眉つぼめて唇、杏、手を挙げて小さいかばんを置いて頭上には、雨に濡れた髪が薄く柔らかに密着して、体の風にぶるぶる震える、軽薄なスカート、雨と細かい泥は濡れていた足。こんな可愛い伶伶、のこんな可憐。 私は慌てて降りているあなたに近づく、鼓動も直線加速し、まるで一本の引き締まった長年の琴線をそっと指先、松、陈韵の十分なキック。あなたのそばに行って、身をかがめてあなたを支えた傘は、愕然とするあなたに満面に向け、私は微笑あなた、目を凝は、あなたの目にいっぱいDr Reborn驚いてきらきらとし、启唇語のに、また低首瀋吟する。

« 性格の様子 | トップページ | 永遠に埋蔵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は怎敢食言:

« 性格の様子 | トップページ | 永遠に埋蔵 »

無料ブログはココログ