« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

闺蜜、私はそっとあなた

九年前あの午後、あなたが刺さっている長いてポニーテール、清純目の中くわえて無邪気と清らかで、そのあまり華やかで小運動場に立つ人の群れの中であなたの大掃除Interior decoration、とても可愛くてきれいで、あの!私たちは初一!

 

八年前の4つが正午、そう暇で少しの人が難解女の子に手をつないで、毎日、握っている1袋の五毛が辛い条を囲んでその古ぼけて教学楼ぐるぐる!あの時、あなたの笑顔は人を魅惑輝いて、あの、私たちは初二

 

七年前の朝、私は2つの天が刺さっているポニーテール、あなたと手を繋いで大通りに狂奔して、隣さんがいたずらをして、あなたはられて転んで道中で、あなたに殘した傷跡小顔ブロック!あのかわいそうの男子の学年公会で検討して、娘の声娘は怒って担任を指してあなたを引っ張って「さあ、のどをきれいに殘した傷跡ほっぺたたらどうする?そこで全学年人もあなたを見てぼんやりして、私達はにやにやし、その年の「初二!

 

六年前、ある午後、あなたが家に遊びに行って、ヒップホップ、私をあなたにご飯を作って、結果、可哀想な指で切られて、私は気絶しました過去、あなたが私を背負って、我が家から、走った病院は、その日、あなたを背負って暖かくて、三つのアホ毎晩から個人のベッ圍裙ドの上にもう一人で走ってベッドの上で、最も珍しい花はあなたは、夜中に、目を閉じているから、2メートルほど高いベッドの上に直接て「あの、中3、

 

五年前、それは週末の午後、あなたは私を探しにきて、一貫して強いあなたが泣くのはとても苦しくて、私も悲しくなって、あなたに付き添って私たちは別れの涙は、ふたりの違うてクラス、馬鹿は君が当時の気持ちが感じ疼惜、かつて君もそんなに純真あの、私たちは高い

 

四年前、あなたはいつもそのは目立ってドアに首を伸ばし、跳び一跳び私の名前を叫び、そして私は叫んだ声狂狂を踊って、あなたと曖昧て抱きしめて、規律先生幽霊のように現れてあなたに私の後ろには「何をしてますか?気がふれて病気があります!今私達は一目散に逃げてしまった時私は高い

 

五年前、それは週末の午後、あなたは私を探しにきて、一貫して強いあなたが泣くのはとても苦しくて、私も悲しくなって、あなたに付き添って私たちは別れの涙は、ふたりの違うてクラス、馬鹿は君が当時の気持ちが感じ疼惜、かつて君もそんなに純真その年に、私たちは落第したのは、我々は高い!

 

三年前、私たちすべて変わって、私達は時間の中に色あせた昔が純真さが、私たちは依然としていっしょに気が狂っている、あの夜あなたは瀋黙が少し異常で、私は隣にあなたを眺めて、突然あなたの腕に血を見た、あの時、私は急に心が痛くなったして、クラスは静かて授業を受けて、私が立って奪われても手をナイフを見ているあなたの腕血肉模糊漕ぎされて、私は本当にあなたに平手、私はガスに泣いて、あなたは淡くて笑って大丈夫、その年、私たちが変わった、一瞬には悲しみも、その年、私たちの高校二年の!

 

二年前、私がすぎて、大学入試の時に、先生は私にあなたと休校、海馬ものって私に付き添って帰って、日の朝、私をしまったすべての本、あなたも二人は私に付き添って強情て帰ってくれて罵あなた達、あなた達は私をののしって、いくつの人抱き合って、暖かくて、、、、、、、、、あの時はいつも覚えて、一言(私の目を見て「ギャルも君)、私は眠い!「(暖かく着込ん)」「(私は満足して寝ましょう機にうつぶせになって寝たばかり、ひとつの消しゴム)から私に飛んで来て、私はその場で驚きながら眠りにつき!私は驚きの向きは、あなたを眺めて、あなたはずるいは僕が笑って、その年私達の高校三年の

 

一年前、あなたは離れて、私は一人で補習の道に踏み出した経験の風雨の私はあなたに会いた瞬間、私たちを抱きしめて一緒に、なくて!あの日のすべての不幸と悲しいすべて風向き次第で行く!

 

九年、闺密この線は私たちのこのいくつの血縁がない人につなげる家族と同じように親を、馬鹿は、実は私は知っていて、私たちがどのように変わって、私達はずっと知らなかった、唐辛子、幸い命の中で、あなたが私に一生寂しくない!この一生、私はあなたと一緒に歩いて、どんな生活に疲れても、現実のあなたはどのように刺し傷だらけ、忘れないでください、あなたを大切にしないで自分の時に、まだ人があなたのために憂いと悲しみ!

 

どんな時にも自分を愛しないで、妄想、誰が永遠にあなたを大切にする。私はずっと、永遠にためないでください、いわゆる愛情なくした自分は、生緻死、一歩を刈ってない君と自分だけをしますので、自分を大切にする、永遠に要らないで私を空気、悲しいとき、私はずっと黙々としての肩があなたを待ってる、馬鹿なメロン、希望から今から、本当にあなたのこと、すべてを不快と切ない過去になくして!

2015年3月12日 (木)

永遠に埋蔵

夜がだんだん深まって、目の前には酒が歌の画面はとても美しくて、実は忘れないのが最も貴い。これだけの1杯の酒盛杯、照明が私の心の中に酔って、本気でゆっくりとともに杯の口、待っていて次の瞬間の粉砕。愛はあなたの目の中のあの一縷あでやかだけが私に短い慰め、
もしこの感情を求めて味が本当だったら、私に痛快な酔う。

 

私はひっきりなしに、ひっきりなしに、避けて記憶。この混乱させない、情緒を制御。明日は徹底的に別れを過去、あなたはかわいがって私があなたを離れて?

 

愛はいつも違うなどの、最も心のあの人はいつも泣いていた。もし愛はいつもそんなに難しい話、時には、ある1種の愛は隠忍とするのは、たとえ助けると卑しいもろくも。

 

愛のために、私の後を追う立ち去る後ろ姿を追いかけているあなた、それが笑う啜り泣くその年の運勢を経ていく、探して二度と戻らない時間に沿って美しく、糸を結ぶの時を越えて、広々とした。あなただけが殘り、夕日の中にそんなに薄着のシルエットが次第に遠くて、突然心の中に痛み、寂寥発芽、上に向かって高らかに成長高くそびえる追懐と寂しさ。

 

私の世界から無人応答、あなた、もう行った久しぶりで、長くて思い出させてくれるあのもはっきり可知の昨日、すべての人が表情、あなただけが曖昧な声。すべてに花の霧、古来の風景に記録したのは、唯一はっきりしていて、夕日の中であなたのその後ろ姿。

 

隠語は、隠した恋。記憶が立た蒼色のさざ波、一回り一週たゆう開いて、1種の別の物語。

 

こっそり心を殘し、最も重い位置。は1部の不可能な愛、妄想割未知。愛の限界は何、私知らないのに、はっきりはっきり見えて、横たわって僕の目の前に越えない。君がいるでしょうか?

 

私見た最も日光の笑顔、良い時間をされてもこの宝物よって有限で、学んで行かない心配も遠くにこだわらないで、絵が多すぎるとかえって勇敢な冒険が、豊かな日々を過ごして楽しく見て一日ごとに、初めて出会った横顔曇りを、どんな物語はとても理解し、私は私はあなたが分かるの特別な、あなたの心にある壁が窓明かりを発見して、たまに暖かい光が、たとえあなたは私の愛は一壁を登るのは窓の満開、窓を開けて見られます悲しみ溶け、あなたはいつも幸せ晴れの香り。

 

真実の愛は、実はとても簡単で、舌の上に殘っている淡い空茶香も冷たい冬の夜と暖かさがこみ上げて心のちょい、そして微笑んで祈って、たとえ越しにしか滄海遠い想い……あなたは私のすべての想いと想い氾濫の川が流れた。

 

消えない、私たちはいっしょにいて、あなたは私の目を集めてから微笑みで、あなたは私に一回の眠りの中、あなたは私の長い間を吸って止まらない。たとえ、あなたはすでに歩きぶり、私たちの糸が、依然としてしっかり保持している。

 

私たちはいつも真っ先に自分を忘れ、私たちに身を任せ浮世、任彼の浮き瀋み、心が厚いたこ、言った成熟。

 

馬鹿にしたいときには、何事も一度、すぎるがちになって、この愛情は一度も存在していますか?俗に「愛の深い痛みを切る」と愛と痛みは比例するの。本来なら愛は幸せ幸せ、どうしてかえって痛みさえと一緒に?それはあまりにも深い感情のためかえって傷つけることをもたらしやすい!

 

心身の左で右、握ってあの懐かしい、左は日光の笑顔、右は世の変転一面に関わらず、あなたを抱きしめたいのはどっちがあなたに対してごまかし、逃げ。どのようにあなたの顔に直面して、左側の右側は両立しにくい、たとえ両方係に想いもない、愛を描いてた丸い。あなたの顔に直面することができない、なぜ愛される空間2枚ちぎるため息ひとつ殘しの瀋殿を開いて、长夜漫漫しようがないだけは、こまやかで心を打つ。昨日と明日を抱いて、こんな痛みはまだ遠い、誰かの涙をこぼした想い沒の見えない平行線、私は自分自身を明日へ、もう心を徘徊左右、美しい永遠にいらない嘘。

 

もとは、かつてのしか、過去に属して、もと、愛の中に、実際には再会。

 

痛みにの日の中で、私は自分で考えて、愛、時には、やはりを離れる。放棄をマスターして、涙を流す前にあっという間に立ち去って、簡単な後ろ姿を殘す;放棄をマスターして、昨日を心の底で埋めて、最もすばらしい追憶を殘す;放棄をマスターして、互いにすべて更に楽な初めがあることができて、傷だらけの愛は深く心にとどめて必ずしも。この程の情の深い縁淺くて、今日まで歩いて、すでに容易ではなくて、そっと手をとって、さよならと言って、本当にとても感謝して、これは道中あなた。と言ったのはあなたを愛して、今日、依然としてあなたを愛して。

 

心がどうしても痛みがあって、私はどんなかをかかつて遠く、あれらのものにも出来ない私を離れて行って、一部の事は振り返ることができないが、多少思い出してすくことができなくて、一部の人しか永遠に埋蔵。時には、最も美しい最も美しい愛情、私達はよく見えないされたので、それが心を大事にして、私たち自身もそれを展開できない。そして愛、情熱を水のように、私の目には、どこかにして、遠く離れて!

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ