« 2015年4月 | トップページ | 2016年9月 »

2015年5月

2015年5月20日 (水)

この人生は

君と本に出会いは偶然、信じた縁の牽引。まだ覚えている三年前の夏、1人でマーケットをぶらぶらして、いつものように、必ず本棚の前に駐車する。こうして、「もしあなたは晴れ完璧につけ」と深く私を引きつけましたとばかりに知りたい、それが一体どのように訴えている1段の感動や温かいストーリー。
はあの15分から、私は知りましたがあなたの存在。これから長い時間、私も無意識にあなたのすべてに関しての情報収集。しかしとてもしようがなくて、たとえ情報化の今日、なんとも知らないあなたの詳細情報を喪失感がわいてくる。
品を読むあなたの文字で、本当にとても静かで静か。それはある種の非常に不思議な魔力、たとえ君がいる車馬騒ぎ立てる都市、何もでき偷得浮生半日暇で、人に1種の洗い铅华後清絶真っ白い感じ。
あなたの文字の世界でも、穏やかな林微因、猛烈な張愛玲も、追放の三毛。彼女たちの一生あなたで1本の素筆、なんと新鮮だなんて私達を離れて行く。
あなたのペンで、私も知っていた「世不安が兼ね備える法を負わず如来を負わない卿。」のツァンヤン・ギャムツォ;「煮书消えてお茶をかけ、当時只道はいつも。」の纳兰容若。また「卿一鉢無情泪、憎まない未剃りに出会い。」の苏曼殊。歴史上の人物あなたを伴う読書の一の繰り返しが私の脳裏には、長い時間を。
すべてのすべて、私は幸いにも幻想を楽しんで、1冊の本、一杯のお茶の良い時間を手に。静かにあなたの足どり巡り巡って、人生経験の百態。君からの行間にも現れていない、あの「採菊东篱の下に、悠然と見南山。」「小橋流水人家」のような生活への憧れ。確かに、あなたもできた。
とても好奇心があって、このはどのようになって、女の人がこう書き出して選ば落梅気骨目、文章」の作品。この人生は、「散って繁華は依然として輝いて元のとおり」の女子は私の追求して、私は幸運ができる。
果てしない時、離合時。わかるため、哀れみ。あなたの足に追随永遠に尽きることなく。お前の言うとおり、一人が好きで、必要がない理由を問わず、因果、愛は愛。だからも問わない私はどうしてこんなにまっしぐらこの。私達は引き続き本で出会い、夢の中で知り合いになる。

« 2015年4月 | トップページ | 2016年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ